still on journey

映画や本の覚書き

ヒトラーへの285枚の葉書

eiga.com

これは「ELLE」目当てに新文芸坐に行ったときに併映作品だったので見たんだけど、エマ・トンプソンブレンダン・グリーソンという主役の二人にぐいぐい引き込まれてしまった。

欲を言えば、英語とドイツ語が入り乱れるのはやっぱりちょっと違和感ある。

 

特に何か劇的な展開があるわけではないんだけど、街並みも衣装も当時の映像を見てるみたいにリアルに感じられたし、彼らの心情が丁寧に描かれていて、このご時世なのでいろいろ考えさせられる作品だった。

ダニエル・ブリュールの役もよかったな。

戦争、よくない。